ゆうのゆうこと

24歳休職中で元陰キャの”ゆう"が「本気の就活テク」「陰キャの恋愛術」「IT企業時代の生活」等を書いていきます

雑記ブログ書くことと、ライターはどちらがシンドイ?その違いを紹介。

 

f:id:iroiroyu-yuu:20200330184440j:plain

 

少しブログとか書いてると、「もしかしてライターとして食っていけるんじゃね?」とか思ったことありませんか?

 

僕はそう思って、一回だけライターのお仕事を受けたことがあります。 

 

 

ただ、ブログの記事を書くのとライターとして記事を書くのって、意外と違うんです。

 

もし、ライターになるか悩んだことがある方がいらっしゃれば、一度目を通してみてください。

 

 

ライターを諦めたやつがどんな記事書くのか、みんなでみてやろうぜ<(`^´)>

  

 

僕が雑記ブログをどんな風に書いているか

 

雑記ブログは、自分の好き勝手に、自分の体験談や感想ばかり書いている。

 

完全に自分のことなので、割と楽しみつつ過去を思い出しながら書く感じだ。

 

全くPV数が伸びない時期もあったが、PV数が伸びる(誰かが見てくれている)という嬉しさから、最近では毎日ブログの更新を行うことができています。

 

(皆さん見ていただいて本当にありがとうございます(>_<)

 

PV数が伸びた経緯はこちらから↓

iroiroyu-yuu.hatenadiary.jp

 

 

 

ゆう、ライターやるってよ

 

有名なクラウドワークスというサイトから、一度だけライターの依頼を受けたことがある。

 

 「ブログで数記事書いたし、一度ライターでも試してみるか」程度で、ライターの仕事をうけた。

 

ライターの最初期だったため、高い金額の仕事は採用されず、結局最低賃金にも満たない金額で仕事を請け負った。

 

 

 

以来の中でも、少しでも楽しく書けるように仕事の中でも自分の好きな「お笑い芸人」の記事を書く依頼に決めた。

 

自分の好きなことなら書くのもスムーズだと考えていたが、甘かった。

 

雑記ブログと違い、僕が今まで知らない情報等も載せる必要があるのだ。

 

そのため、Twitterや他のサイト等の情報、今までの知識、出演TV等の情報をかき集め、なんとか書き終えることができたが、そのころには4時間が経過していた

 

あんなに好きだった芸人が、一時見たくなくなる程度には疲れていた。

 

そしてそのあとメールがくるのである。

 

「修正をお願いいたします」

 

 

「・・・( ゚Д゚)・・・」

 

修正時間を加味すると記事作成に5時間近くかかってしまった。

 

「好きな芸人についての記事でさえ、これか」と体感し、ライターは断念した。

 

 

 

雑記ブログの記事と、ライターの記事の違い

 

〇モチベーション

 

ライターの記事作成のモチベーションは「お金」だった。

しかし、ほとんど賃金なしという状態だったこともあり、やる気がでなかったのだ。

 

一方、雑記ブログの記事作成は、「PV数」がモチベーションとなっている。

この記事も、「もしかしたら100PV行くかもしれない」という期待がモチベーションになっている。

 

 

〇依頼されているか否か

 

ライターの記事作成は、依頼主がいるため、その依頼に沿った記事を書く必要がある。そのため、実体験ばかり書くわけにはいかず、記事に載せる情報を探しながら、ブログを書く必要がある。

 

雑記ブログの記事作成は、好き勝手書いてよいため、すべてが実体験でも問題ない。

脳内のアルバムを見る感覚でブログを書いていける

 

 

 

ライターやるか迷ってる方へ

 

「仕事」として覚悟をもって記事を作成できる方は、ライターに向いているだろう。

 

その点僕は、今回「ブログ何記事か書いたからいけるでしょ」という軽い気持ちで取り組んだせいでこのような結果になってしまった。

 

 

ただ、迷ったら一度やってみるのも人生的にはいいかもね!

ニートが言っても説得力ないけど・・・(>_<)